空間充填モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シクロヘキサンの空間充填モデル。水素原子は白色、炭素原子は灰色。

空間充填モデル(くうかんじゅうてんモデル、: Space-filling model, calotte models, CPK models[1])は、物質の化学構造を視覚的に取り扱う際に用いられる空間的分子モデルのひとつである。空間充填モデルは球棒モデルとともに、化合物生体物質立体化学を表現するのに役立つ。

アデノシン三リン酸の空間充填モデル

空間充填モデルは球棒モデルを発展させたもので、原子の相対的な位置と大きさが球体断片の配置で表される。また、原子の大きさ、分子構造結合長は実際の値に対応している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Robert B. Corey and Linus Pauling (1953): Molecular Models of Amino Acids, Peptides, and Proteins. Review of Scientific Instruments, Volume 24, Issue 8, pp. 621-627. doi:10.1063/1.1770803

関連項目[編集]