イソフタル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イソフタル酸
Isophthalic-acid-2D-skeletal.png
IUPAC名 ベンゼン-1,3-ジカルボン酸
別名 m-フタル酸
分子式 C8H6O4
分子量 166.14
CAS登録番号 [121-91-5]
形状 白色結晶粉末
密度 1.526 g/cm3, 固体
SMILES C1=CC(=CC(=C1)C(=O)O)C(=O)O

イソフタル酸(イソフタルさん、Isophthalic acid)または、ベンゼン-1,3-ジカルボン酸(benzene-1,3-dicarboxylic acid)は、ベンゼン環メタ位にカルボキシル基が置換したC6H4(COOH)2芳香族ジカルボン酸である。異性体フタル酸テレフタル酸がある。オルト位にカルボキシル基が結合したフタル酸とは違い、カルボキシル基同士が離れているため酸無水物を作ることはできない。

イソフタル酸は、m-キシレンクロム酸酸化すると得られる。また、メシチレンを酸化するか、ピルビン酸水酸化バリウム水溶液で濃縮するとウビト酸(5-メチルイソフタル酸)が得られる。

関連項目[編集]