クロム酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロム酸
識別情報
CAS登録番号 7738-94-5
特性
化学式 H2CrO4
モル質量 118.00958 g/mol
外観 赤色の固体
密度 1.201 g/cm3
融点

197°C

沸点

n/a (250°Cで分解)

への溶解度 166.66 g/100mL
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロム酸(クロムさん、chromic acid)とは、示性式が H2CrO4 と表されるクロム(VI)のオキソ酸である。三酸化クロムに水が1分子付加したものに相当する。共役塩基のクロメートアニオン (chromate anion) CrO42− がナトリウムやカリウムなどと塩を作る。それぞれ、クロム酸ナトリウム Na2CrO4、またはクロム酸カリウム K2CrO4 として知られる6価のクロム化合物である。

性質[編集]

強力な酸化剤である。

二クロム酸との間に以下の平衡が存在する。pH1以下の強酸性条件、もしくは、pH7以上の塩基性条件でクロム酸構造が優位となる。

2 CrO42− + 2 H3O+ \rightleftarrows Cr2O72− + 3 H2O

関連項目[編集]