利根川進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
利根川 進
人物情報
生誕 1939年9月5日(74歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スイスの旗 スイス
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
カリフォルニア大学サンディエゴ校
学問
研究分野 分子生物学
研究機関 京都大学
カリフォルニア大学サンディエゴ校
ソーク研究所
バーゼル免疫学研究所
マサチューセッツ工科大学
理化学研究所脳科学総合研究センター
博士課程
指導教員
Professor Masaki Hayashi
主な業績 抗体生成の遺伝的原理の解明
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞(1987年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1987年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明
ラスカー賞受賞者
受賞年: 1987年
受賞部門: アルバート・ラスカー基礎医学研究賞
受賞理由: For brilliantly demonstrating that the DNA responsible for antibody production is routinely reshuffled to create new genes during the lifetime of an individual[1]

利根川 進(とねがわ すすむ、1939年9月5日 - )は、日本生物学者1987年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科)を勤める他、ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長、理研-MIT神経回路遺伝学研究センター長等も兼任。

分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。

妻はサイエンス・ライターの吉成真由美

略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

著作[編集]

  • 『私の脳科学講義』岩波新書 2001年 

共著[編集]

  • 生命に挑む 利根川進・花房秀三郎の世界 官・学識者が紙上討論! 日刊工業新聞社 1988.2
  • 『精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか』(立花隆対談)文藝春秋・1990年 のち文庫
  • 脳の中身が見えてきた 甘利俊一,伊藤正男共著 岩波書店 2004.9

関連書籍[編集]

  • 「男の生き方40選・下」 城山三郎
  • 私の履歴書 日本経済新聞連載 2013年10月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "1987 Basic Medical Research Award". LASKER FOUNDATION. 2009-11-4閲覧。
  2. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]