ゴッドフリー・ハウンズフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1979年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:コンピューターを用いたX線断層撮影技術の開発

ゴッドフリー・ニューボルド・ハウンスフィールドGodfrey Newbold Hounsfield1919年8月28日ノッティンガムシャー - 2004年8月12日)は、イギリスの電子技術者。コンピューターを用いたX線断層撮影技術の開発により、1979年ノーベル生理学・医学賞アラン・コーマックとともに受賞した。

1963年1964年アラン・コーマックCTの研究理論発表を元に、英国EMI社にて同僚とともに脳をコンピュータを用いてデジタル処理し、断層撮影する装置を開発した。牛の脳、そしてハウンズフィールド自身の脳と撮影した後、1971年にロンドンのアトキンソン・モーレイ病院にて嚢胞患者の脳を撮影し、翌1972年にこれを発表した。1975年には全身スキャナの装置を開発した。この装置は現在のCT装置の原型であり、この発明はX線発見以来の最大の発明となり、人体の走査診断技術を飛躍的に進歩させた。

ハウンズフィールドの名は、現在のCT値の単位としてHounsfield NumberまたはHounsfield Unit(HFまたはHU)と使用され、この値は-1000HUを空気、0HUを水とした吸収率の相対値で定義されている。+1000 HUを骨とする記述をしばしば見かけるが、誤りである(CT値は物理量であり、骨を基準とすることなどできるはずがない)。