ヴェルナー・アーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1978年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:制限酵素の発見と分子遺伝学への応用

ヴェルナー・アーバーWerner Arber, 1929年6月3日 - )は、スイス微生物学者遺伝学者1978年制限酵素の発見の業績により、アメリカ合衆国の微生物学者のハミルトン・スミスダニエル・ネイサンズと共に、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。制限酵素の発見は組み換えDNAの技術に発展を齎した。

来歴[編集]

1949年から1953年まで、スイス連邦工科大学チューリッヒ校化学物理学を学ぶ。1953年末、ジュネーヴ大学電子顕微鏡法の助手手当を受けるも、しばらくして電子顕微鏡法から離れ、バクテリオファージの研究に移り欠損ラムダプロファージ変種に関する論文を執筆する。1958年ジュネーヴ大学博士号を取得した。

その後、1958年の夏に渡米し、南カリフォルニア大学ジョー・ベルターニとファージ遺伝学の研究に携わった。1959年末、ジュネーヴ大学からオファーを受け1960年初頭に帰国。カリフォルニア大学バークレー校でギュンター・ステント、スタンフォード大学でジョシュア・レダーバーグ、マサチューセッツ工科大学でサルバドル・ロリアにそれぞれ師事した「非常に実り多き数週間」[1]を過ごした直後の出来事であった。

ジュネーヴ大学に戻ると、アーバーは物理学研究所の地下の研究室で研究の傍ら、多くの優秀な大学院生やポスドク研究員を育てた。[2]1965年、ジュネーブ大学の分子遺伝学員外教授に昇格。その後、1年間カリフォルニア大学バークレー校分子生物学科客員教授を務め、1971年バーゼル大学に移った。バーゼル大学では新設されたばかりのバイオセンターに勤めた。[3]バイオセンターは生物物理学科、生物化学科、微生物学科、構造生物学科、細胞生物学科、薬学科が拠点を置いており、学際的研究を促す目的で建設された。

現在、アーバーは結婚し、2人の娘を持つ。

外部リンク[編集]