ベルト・ザクマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルト・ザクマン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1991年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:細胞内に存在する単一イオンチャネルの機能に関する発見

ベルト・ザクマン(Bert Sakmann, 1942年6月12日 - )は、ドイツ細胞生理学者。細胞上の単一イオンチャネルの機能に関する研究とパッチクランプの発明によって、エルヴィン・ネーアーとともに1991年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。ザクマンは、ゲッティンゲン大学教授であり、ハイデルベルクにあるマックス・プランク医学研究所名誉教授である。

経歴[編集]

シュトゥットガルトで生まれ、リンダウの小学校に入学した。その後1961年にシュトゥットガルトのギムナジウムを卒業し、1967年からテュービンゲンフライブルクベルリンパリミュンヘンで医学を学んだ。1968年にはミュンヘン大学の助手になり、同時にミュンヘンのマックス・プランク精神医学研究所の神経生理学オットー・クロイツフェルトの助手も務めた。1971年にはユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンに移り、生物物理学者のベルンハルト・カッツの下で働いた。1974年にネコ網膜の光に対する順応を電気生理学的に研究した内容についての論文を書き上げ、ゲッティンゲン大学で博士号を取得した。

同年、ゲッティンゲンのマックス・プランク生化学研究所に移っていたクロイツフェルトの下に戻り、1979年から細胞膜の研究グループに所属した。

1986年に、ゲッティンゲン大学の同僚だったネーアーと共にコロンビア大学よりルイザ・グロス・ホロウィッツ賞を受賞した。

1987年に、ドイツの科学界で最も名誉あるとされる、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞し、1991年にはネーアーと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

外部リンク[編集]