バルーク・サミュエル・ブランバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルーク・サミュエル・ブランバーグ
人物情報
生誕 1925年7月28日
ニューヨーク市
死没 2011年4月5日
国籍 アメリカ合衆国
出身校 コロンビア大学, オックスフォード大学
学問
研究分野 医学
研究機関 ペンシルベニア大学
主な受賞歴 Nobel prize medal.svg ノーベル生理学・医学賞 (1976年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1976年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:感染症の原因と感染拡大についての新しいメカニズムの発見

バルーク・サミュエル・ブランバーグ英語:Baruch Samuel Blumberg、1925年7月28日 - 2011年4月5日)はアメリカ合衆国医学者

経歴・人物[編集]

アメリカ合衆国:ニューヨーク市出身。1951年にコロンビア大学医科大学院を卒業後、同校附属病院に4年間医師として勤務した。その後、オックスフォード大学ベリオール・カレッジ在籍中に、Ph.D.の研究をオックスフォード糖鎖生物学研究所にて行う。

1964年より、米国フィラデルフィアにあるフォックス・チェイス・癌センターのメンバー、ペンシルベニア大学の教授となった。この2つの研究機関に籍をおきながら、同時に1989年から1994年までは、母校であるオックスフォード大学ベリオール・カレッジのマスター、1999年から2002年までは、アメリカ航空宇宙局宇宙生物学研究所のディレクターを務めた。

1976年に「感染症原因と感染拡大についての新しいメカニズムの発見。」により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。B型肝炎ウイルスを発見し、後にその診断法とワクチンを開発した。

2011年4月5日、心臓発作を起こして急死[1]。85歳没。

脚注[編集]