J・マイケル・ビショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
J・マイケル・ビショップ
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1989年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:レトロウイルスのガン遺伝子が細胞起源である事の発見

ジョン・マイケル・ビショップJohn Michael Bishop1936年2月22日 - )はアメリカ合衆国免疫学者微生物学者カリフォルニア大学サンフランシスコ校の学長。1989年ハロルド・ヴァーマスと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。

ペンシルベニア州にて生まれ、ゲティスバーグ大学に入学。その後1962年にはハーバード大学にてM.D.を取得。

彼は最初、アメリカ国立衛生研究所アメリカ国立アレルギー・感染症研究所にて働く。その後ドイツハンブルクのHeinrich-Pette Instituteに一年間勤務後、1968年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校の教員に就任。1998年から学長を務める。

レトロウイルスの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞したことで知られる。1980年代、ハロルド・ヴァーマスとともに最初に人間癌遺伝子である、v-Srcを発見した。この発見により、細胞の正常な遺伝子から悪性腫瘍にどのように変化するかを理解することが可能となった。この変化はウイルス放射線、いくらかの種類の薬品との接触によって引き起こされる。

1982年にはアルバート・ラスカー基礎医学研究賞を、1984年にはガードナー国際賞を受賞、2003年には、アメリカ国家科学賞を受勲した。

外部リンク[編集]