ハミルトン・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1978年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:制限酵素の発見と分子遺伝学への応用
ハミルトン・オサネル・スミス

ハミルトン・オサネル・スミスHamilton Othanel Smith1931年8月23日 - )はアメリカ合衆国微生物学者

ニューヨーク市生まれ。University Laboratory High School of Urbana, Illinoisを卒業後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校に入学するが、1950年カリフォルニア大学バークレー校に移り、1952年数学B.A.を取得。1956年ジョンズ・ホプキンズ大学にて医学の学位を取得。

1978年ダニエル・ネーサンズ及びヴェルナー・アーバーと共にタイプII制限酵素の発見により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

彼はその後ゲノミクスの初期の中心人物となり、1995年ゲノム科学研究所(The Institute for Genomic Research:TIGR)の彼のチームは、初めて微生物インフルエンザ菌インフルエンザウイルスではないことに注意)のゲノムの配列を決定した。

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]