フェリド・ムラド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1998年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:循環器系における情報伝達物質としての一酸化窒素の発見

フェリド・ムラドFerid Murad1936年9月14日 - )はアメリカ合衆国内科医薬理学者1998年ロバート・ファーチゴットルイ・イグナロと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、ジョージ・ワシントン大学生化学・分子生物学科の教授を務める。

インディアナ州ホワイティング出身のアルバニア系。医学薬理学Ph.D.1965年ケース・ウェスタン・リザーブ大学にて取得した。その後、彼はバージニア大学に行き、1970年に教授となり、1981年よりスタンフォード大学、1997年よりテキサス大学オースティン校の教授を歴任し、2011年より現職。

彼の主要な研究は、ニトログリセリン及びその関連の薬物を用い、循環系において弛緩因子である一酸化窒素を体内に放出させる事により血管を拡張させる研究である。信号伝達の不明であった段階は、ロバート・ファーチゴットおよびルイ・イグナロにより解明され、1998年に彼らと共にノーベル生理学・医学賞(また、ロバート・ファーチゴットとともに1996年アルバート・ラスカー基礎医学研究賞)を受賞した。しかしながらサルバドール・モンカダ(彼は、別に独立してルイ・イグナロと同じ結論に至った)へノーベル生理学・医学賞を与えなかったノーベル委員会には批判が出た。

ムラドらにより発見された血管をコントロールするためのメカニズムの適用例の一つとして、男性用の勃起不全治療薬であるバイアグラの開発が挙げられる。

外部リンク[編集]