ガートルード・エリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガートルード・エリオン
人物情報
生誕 Gertrude Belle Elion
1918年1月23日
ニューヨーク, United States
死没 1999年2月21日(81歳)
北カロライナ州, USA
市民権 United States
出身校 ニューヨーク市立大学ハンター校
学問
研究機関 バローズ・ウェルカム
デューク大学
主な受賞歴 Garvan-Olin Medal (1968)
ノーベル生理学・医学賞 (1988)
National Medal of Science (1991)
Lemelson-MIT Prize (1997)
National Inventors Hall of Fame (1991)
(女性の最初の受賞)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1988年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:薬物療法における重要な原理の発見

ガートルード・ベル・エリオンGertrude Belle Elion1918年1月23日1999年2月21日)はアメリカ合衆国生化学者薬理学者。1988年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

来歴[編集]

ユダヤ人の移民の子供としてニューヨークで生まれる。1937年ニューヨーク市立大学ハンター校を卒業後、1941年にニューヨーク大学にて修士号(M.Sc.)を受ける。性別を理由として大学院での研究を行えず、研究助手と高校教師として働いた後、ジョージ・ヒッチングスの助手としてバローズ・ウェルカム(Burroughs-Wellcome pharmaceutical company、後のグラクソ・スミスクライン社)で働いた。彼女は決してPh.D.を得なかった。

ヒッチングスと同様に一人で研究を行い、彼女は後に後天性免疫不全症候群の治療薬であるジドブジンの開発に結びついた革新的な研究方法にて多くの新薬を開発した。従来のトライアンドエラーの方法でなく、彼女たちは生化学的に正常な人間細胞病原体の違いを利用して、人間の細胞を傷つけずに特定の病原体を殺すか繁殖を阻害する薬を設計した。

1999年に81歳で死去。生涯独身で子供はいなかった。

開発した新薬[編集]

彼女が発明した薬品は

がある。

栄誉[編集]

一旦引退した後に、彼女はアジドチミジン(ジドブジン)を開発するために復帰した。ほとんどの薬理学者は生涯に一つの薬を開発するかどうかであるが、彼女は8種類もの薬を開発した。1988年ジェームス・ブラック及びジョージ・ヒッチングスと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。この他、1991年にはアメリカ国家科学賞1997年にはLemelson-MIT Prizeを受賞した。1991年、National Inventors Hall of Fameに殿堂入りした最初の女性となった。

外部リンク[編集]