ドロシー・ホジキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1964年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:X線回折法による生体物質の分子構造の決定

ドロシー・ホジキンDorothy Crowfoot Hodgkin OM、1910年5月12日1994年7月29日、結婚前の名前はDorothy Mary Crowfoot)はイギリスの化学者である。X線回折法による生体物質の分子構造の決定により1964年ノーベル化学賞を受賞した。1965年メリット勲章を叙勲した。

考古学者の娘としてカイロに生まれ、家族とともにスーダンエルサレムなどで育った。オクスフォード大学サマーヴィル・カレッジで物理と化学を学んだ。

ホジキンの業績はX線回折法によって、ペニシリンビタミンB12インシュリンなどの構造を決定したことで、これによりこれらの物質の合成の道を開いた。

ホジキンを扱った科学読み物[編集]

  • 『お母さん、ノーベル賞をもらう―科学を愛した14人の素敵な生き方』 ISBN 4875022700
  • 『肖像画の中の科学者』(文春新書)