ドロシー・ホジキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロシー・ホジキンノーベル賞受賞者
Dorothy Hodgkin
人物情報
生誕 Dorothy Mary Crowfoot
1910年5月12日
エジプトの旗 エジプトカイロ
死没 1994年7月29日(84歳)
イングランドの旗 イングランドウォリックシャーイルミントン英語版
居住 イギリスの旗 イギリス
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 オックスフォード大学
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 生化学
研究機関 オックスフォード大学
博士課程
指導教員
ジョン・デスモンド・バナール
博士課程
指導学生
ジュディス・ハワード英語版
トム・ブランデル英語版
他の指導学生 マーガレット・サッチャー
主な業績 X線回折の発見
インスリンペニシリンビタミンB12構造決定
完全なタバコモザイクウイルス結晶の撮影
女性初の王立協会会員
主な受賞歴 ノーベル化学賞1964年
メリット勲章1965年
コプリ・メダル1976年
ロモノーソフ金メダル1982年
王立協会フェロー英語版
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1964年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:X線回折法による生体物質の分子構造の決定
ホジキンがオックスフォード大学で作成したペニシリンの構造モデル(1945年頃)
ホジキンが作成したペニシリンの分子モデル(1945年頃)

ドロシー・クローフット・ホジキン英語:Dorothy Crowfoot Hodgkin1910年5月12日 - 1994年7月29日)は、エジプト王国カイロ生まれ、イギリス国籍生化学者化学者結晶学者X線回折法による生体物質分子構造の決定により1964年ノーベル化学賞を受賞した[1][2]旧姓ドロシー・メアリ・クローフットDorothy Mary Crowfoot)である。

1935年1930年代分子生物学に於けるX線結晶構造解析の第一人者であったジョン・デスモンド・バナールと共にペプシン結晶回折パターンを見出し[3]、X線回折法によりペニシリンビタミンB12インスリンなどの構造を決定したことでも名高く[1][2]1947年には女性初の王立協会会員に選ばれ、1965年には女性として二人目のメリット勲章エリザベス2世から叙勲された[4]。また、1976年には王立協会よりコプリ・メダル1982年にはロシア科学アカデミーよりロモノーソフ金メダルが授けられ、イギリスの化学者マックス・ペルーツはホジキンを「彼女は偉大な化学者で、聖人(中略)だ」と述べている[5]

夫は歴史学者トーマス・リオネル・ホジキン英語版で、1937年結婚して3人の子を設けた[5]

生涯[編集]

ドロシー・メアリ・クローフットは1910年5月12日、父の赴任先であったエジプト王国のカイロに監督官ジョン・ウィンター・クローフット(John Winter Crowfoot、1873年 - 1959年)と考古学者であったグレース・クローフット英語版Grace Crowfoot、1877年 - 1957年)の元に生まれ、10歳の頃に化学の初歩を学び、結晶や化学に興味を持った。

16歳の誕生日に母からイギリスの物理学者であるヘンリー・ブラッグの『物の本性について(Concerning the Nature of Things)』(1925年)と言う本を与えられ、結晶学に興味を抱くようになる[5]。18歳の頃にはパレスチナに趣き、発掘作業に参加する[2]など考古学にも関心を示した[5]

1928年にイギリスのオックスフォード大学サマーヴィル・カレッジに入学。化学を専攻する一方結晶学のコースも専攻していた。1932年にオックスフォード大学を卒業し、ケンブリッジ大学博士課程修得のため科学史家でもあったジョン・デスモンド・バナールのもとで研究をした。なおこの頃(20代の半ば)よりホジキンは慢性関節リウマチを患うようになっていた[6]

1934年にはオックスフォード大学の講師研究員として同大学に戻り、教鞭を執った。なお1940年代、ホジキンが受け持った生徒の中に後にイギリスの首相となるマーガレット・サッチャー[7]がいた。

1935年に1930年代の分子生物学に於けるX線結晶構造解析の第一人者であったバナールと共にペプシンの結晶で回折パターンを見出す。

1937年、歴史学者のトーマス・リオネル・ホジキンと結婚。後に3人の子を設けた。

1941年頃から1949年頃にかけて当時開発されて間もないコンピュータを用いてX線の実験データを解析してペニシリンを構造決定した[6]。また1948年頃から1956年にかけてはビタミンB12を構造決定した[2]

1947年、女性初の王立協会会員に任命される。

1960年から1977年までオックスフォード大学の教授を務め、1964年には「X線回折法による生体物質の分子構造の決定」によりノーベル化学賞を受賞した。1965年にはメリット勲章を叙勲された。1976年にコプリ・メダル、1982年にはロモノーソフ金メダルが授けられた。

1994年7月29日、イギリスウォリックシャーイルミントン英語版で亡くなる。84歳没。

その他[編集]

ホジキンを扱った科学読み物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大日本百科事典 1967, p. 51.
  2. ^ a b c d グランド現代百科事典 1983, p. 474.
  3. ^ 廣田 2013, p. 413.
  4. ^ 女性初のメリット勲章受賞者はイギリスの看護師であるフローレンス・ナイチンゲールであった。
  5. ^ a b c d 廣田 2013, p. 416.
  6. ^ a b 小山 2013, p. 286.
  7. ^ 当時マーガレット・サッチャーは結婚していなかったため旧姓のマーガレット・ロバーツと言う名前であった。
  8. ^ ドロシー・ホジキン生誕104周年!女性化学者の功績がGOOGLEのロゴに - The New Classic、2014年5月12日閲覧。
  9. ^ 両手、両足を切断した作家中村久子とは関係がない。

参考文献[編集]