リータ・レーヴィ=モンタルチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rita Levi Montalcini.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1986年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見

リータ・レーヴィ=モンタルチーニRita Levi-Montalcini, 1909年4月22日 - 2012年12月30日)はイタリア神経学者1986年に同僚のスタンリー・コーエンと共に、神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見の功績でノーベル生理学・医学賞を受賞した。

来歴[編集]

1909年、イタリアトリノセファルディムの家庭に生まれる。「職歴は妻や母親となるのに邪魔になるだろう」と信じた父親の反対を押し切り1930年トリノ大学に入学、組織学者ジュゼッペ・レーヴィのもとで医学を学び、1936年に卒業した。しかし、彼女の学術的な経歴は、学術的職業からユダヤ人を追放するという1938年ムッソリーニの人種政策によって遮られた。第二次世界大戦の間は、レーヴィとともにベルギーに移住。彼女は、自宅で実験をし、彼女の後の研究の多くの基礎を築いたひよこの胎児中の神経繊維の成長の研究を行った。

1947年、彼女はアメリカセントルイスワシントン大学動物学部の招待を受け入れ、Victor Hamburger教授の下で彼女の研究で最も重要な研究を行った。神経成長因子の分離である。1958年には正教授となり、1962年にはローマで調査チームを設立、それ以降はローマとセントルイスの二ヶ所を本拠に研究生活をおくった。

1961年から1969年までローマにあるCNR神経生物学研究所を、1969年から1971年まで細胞生物学研究所をそれぞれ指導した。

2012年12月30日、ローマ市内の自宅で死去[1]。103歳没。存命しているノーベル賞受賞者の中で最高齢だった[2]

栄誉[編集]

1983年コロンビア大学よりルイザ・グロス・ホロウィッツ賞スタンリー・コーエン(1986年ノーベル医学賞共同受賞者)と共に受賞

1986年、彼女は共同研究者スタンリー・コーエンと共にノーベル生理学・医学賞とアルバート・ラスカー基礎医学研究賞を受賞した。彼女は50000人未満という、イタリアのユダヤ人コミュニティから出た四人目のノーベル賞受賞者である。(前の三人は、エミリオ・セグレサルヴァドール・ルリア(大学の同僚であり、友人である)、フランコ・モディリアーニである。)

1987年レーガン大統領から、アメリカ国家科学賞を贈られる。

2001年、イタリア大統領カルロ・アツェリオ・チャンピにより終身上院(共和国元老院)議員に指名された。

脚注[編集]

[ヘルプ]