グラツィア・デレッダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1926年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

グラツィア・デレッダ(Grazia Deledda, ヌーオロ, サルデーニャ1871年9月27日 - 1936年8月15日)はイタリア詩人小説家。1926年にノーベル文学賞を受賞した。

生い立ち[編集]

彼女はサルデーニャ島ヌーオロで裕福な家庭に生まれた。小学校で学んだ後、家庭教師に学び、その後独学で文学を学ぶ。

彼女は最初にいくつかの小説を「L'ultima moda」誌に発表し、その後散文と詩を発表した。1890年に発表された「Nell'azzurro」が彼女の処女作と見なされる。

1899年10月に陸軍省の官吏であるパルミロ・マデサーニと出会い1900年に結婚、その後ローマに移り住む。1903年に出版した「Elias Portolu」の成功で彼女は作家として認められ、その後多くの作品を発表していく。

彼女の作品はルイジ・カプアーナジョヴァンニ・ヴェルガといった作家から高く賞賛された。

主な著作[編集]

邦訳[編集]

  • 悪の道 / 有島生馬,岩崎純孝訳 世界文学全集 新潮社、1932 
  • 正直な心 /下位文子訳 春陽堂 1933 
  • 愛の封印 / 岩崎純孝訳 山本書店 1936 
  • 二つの真心 / 隈部逸人訳 弘文堂書房 1940
  • 砂漠の中 / 岩崎純孝 訳 ノーベル賞文学叢書 今日の問題社、1940 
  • 実義な人々 / 原田謙次訳 モダン日本社、1941 
  • 邪道 有島生馬訳 日本出版社、1942 
  • 常春藤 /柏熊達生訳 河出書房、1952 
  • 灰 / 丸弘訳 弘文堂 1966.
  • コロンバ 誘惑 マルヴー一家(大久保昭男訳) ノーベル賞文学全集 主婦の友社、1972 


 

外部リンク[編集]