エリザベス・H・ブラックバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベス・H・ブラックバーン ノーベル賞受賞者
人物情報
生誕 1948年11月26日
オーストラリアの旗 オーストラリアタスマニア
居住 オーストラリアの旗 オーストラリア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 メルボルン大学
ケンブリッジ大学
学問
研究分野 生物学
研究機関 イェール大学
カリフォルニア大学バークレー校
カリフォルニア大学サンフランシスコ校
ソーク研究所
主な業績 テロメラーゼの発見
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞など
(→#主な受賞歴
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2009年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:テロメアとテロメラーゼによる染色体保護の発見

エリザベス・H・ブラックバーンElizabeth Helen Blackburn, 1948年11月26日 - )は、生物学者テトラヒメナからテロメア配列を同定し、テロメアを伸長する酵素テロメラーゼを発見した業績で知られる。2009年ノーベル生理学・医学賞受賞。

人物[編集]

オーストラリアタスマニアホバート生まれで、現在はアメリカ市民権を得ている。オーストラリアのメルボルン大学を1970年に卒業し、修士と博士課程はイギリスケンブリッジ大学に進学、同大学で1975年に博士号を得た。

博士研究員としてイェール大学で2年間、ジョー・ガルの研究室で分子生物学細胞生物学の研究を行った。具体的にはテトラヒメナにおけるミニ染色体の研究を行った。当時はテロメア構造の存在は示唆されており、この構造が染色体の維持に必要であることがわかっていたものの、その DNA 配列が不明であったため、これを明らかにすることを試みる研究だった。1978年にテトラヒメナ非翻訳性RNAの中に連続した反復配列があり、DNA複製と関係することを報告した[1][2]。この結果を手がかりに、出芽酵母など他の生物でもテロメア配列が明らかにされていく。

1978年にカリフォルニア大学バークレー校の分子生物学科の准教授となる。1984年にブラックバーンの研究室に博士課程の学生として参加したキャロル・W・グライダー放射性同位体を用いて、細胞核の抽出液からテロメア合成酵素の活性を測る方法を考案し、生化学的手法からテロメラーゼを単離した。この結果は1985年に発表され、「末端複製問題」を解決する研究として受け入れられた[3][4]

1990年カリフォルニア大学サンフランシスコ校の微生物学・免疫学部門へ移り、1993年から1999年まで学部長を務めた。現在は生化学・生物物理学部門の教授である。またソーク研究所の非常勤研究員でもある。2004年現在もテロメアに関連する研究を続けている。

引用文献[編集]

  1. ^ Blackburn EH, Gall JG (1978). “A tandemly repeated sequence at the termini of the extrachromosomal ribosomal RNA genes in Tetrahymena”. J Mol Biol. 120 (1): 33-53. PMID 642006. 
  2. ^ Yao MC, Blackburn E, Gall J (1981). “Tandemly repeated C-C-C-C-A-A hexanucleotide of Tetrahymena rDNA is present elsewhere in the genome and may be related to the alteration of the somatic genome”. J Cell Biol. 90 (2): 515-20. PMID 7287815. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2111854/?tool=pubmed. 
  3. ^ Greider CW Blackburn EH (1985). “Identification of a specific telomere terminal transferase activity in Tetrahymena extracts”. Cell 43 (2 Pt 1): 405–13. PMID 3907856. 
  4. ^ Greider CW Blackburn EH (1987). “The telomere terminal transferase of Tetrahymena is a ribonucleoprotein enzyme with two kinds of primer specificity”. Cell 51 (6): 887-98. PMID 3319189. 

主な受賞歴[編集]

外部リンク[編集]