ロバート・G・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・G・エドワーズ
人物情報
生誕 1925年9月27日
イングランドの旗 イングランドリーズ
死没 2013年4月10日
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 ウェールズ大学
エジンバラ大学
学問
研究分野 生理学
研究機関 ケンブリッジ大学
主な業績 体外受精技術の開発
主な受賞歴 ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(2001)、ノーベル生理学・医学賞 (2010)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:体外受精技術の開発
ラスカー賞受賞者
受賞年: 2001年
受賞部門: ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞
受賞理由: 不妊治療に革命的な進歩をもたらした体外受精技術の開発[1]

ロバート・ジェフリー・エドワーズRobert Geoffrey EdwardsCBE1925年9月27日 - 2013年4月10日)は、イギリス出身の生物学者ケンブリッジ大学名誉教授ロンドン王立協会フェロー(FRS)。専門は生殖医学。特に体外受精(IVF)のパイオニアであり、イギリスの外科医パトリック・ステプトーとともに体外受精の技術を完成させ、1978年7月25日に世界初の試験管ベビーであるルイーズ・ブラウンを誕生させた[2][3]。体外受精技術を確立した業績により2010年度ノーベル生理学・医学賞を受賞した[4]

経歴[編集]

イギリス軍に従軍[編集]

リーズ出身。マンチェスター・セントラル・ハイスクールを卒業後、イギリス陸軍に入隊しヨルダンエジプトイラクで従軍。その後、ウェールズ大学の構成大学の1つであるバンガー大学で動物学の植物学専攻で学ぶ。バンガー大学卒業後はエジンバラ大学生物学部付属動物遺伝学研究所で研究を続け、1955年にPh.D.(博士号)を取得。1963年にケンブリッジ大学に移る。

体外授精の研究[編集]

1960年頃からヒトの受精に関する研究を始め、ケンブリッジ大学に移ってからも後の体外受精につながる基礎研究を続けた。1968年、実験室におけるヒト卵細胞の受精に成功し、オールダム産婦人科学外科医であるパトリック・ステプトーとの共同研究を開始した。エドワーズは人工授精や初期胚の培養を可能にするための培養基を開発し、ステプトーは卵管性不妊症患者の卵母細胞を腹腔鏡を用いて採取した。彼らの研究には生命倫理宗教の観点から反対意見も根強かった[5] [6][7]

ルイーズ・ブラウンの誕生[編集]

1978年7月25日23時47分、オールダム総合病院において世界初の体外授精児であるルイーズ・ブラウンが誕生し、不妊に悩む夫婦が子供を得る新たな道を切り開いた。

その後[編集]

Bourn Hall Clinic

技術の進歩により妊娠率は向上し、2010年時点で約400万人の体外受精児が産まれたといわれる[4]。エドワーズとステプトーの開発した体外受精の研究は、その後のさらなる発展、たとえば顕微授精(ICSI)や着床前診断(PGD)、そして幹細胞研究などの土台となった。2人は研究をさらに推し進める施設として、そして新たな専門家を育てる施設として1980年にケンブリッジシャーにBourn Hall Clinic(:en:)を設立した。現在までに6,000人を超える体外授精児を誕生させるなど世界をリードする不妊治療施設となっている。

ステプトーは1988年に死去したが、エドワーズは学者として、そして著名な医学誌の編集者として精力的に活動を続けた。

受賞[編集]

主な著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lasker Award for Clinical Medical Research 2001
  2. ^ “1978: First 'test tube baby' born”. BBC. (1978年7月25日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/july/25/newsid_2499000/2499411.stm 2009年6月13日閲覧. "The birth of the world's first "test tube baby" has been announced in Manchester (England). Louise Brown was born shortly before midnight in Oldham and District General Hospital" 
  3. ^ Moreton, Cole (2007年1月14日). “World's first test-tube baby Louise Brown has a child of her own”. London: Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-news/worlds-first-testtube-baby-louise-brown-has-a-child-of-her-own-432080.html 2010年5月22日閲覧. "The 28-year-old, whose pioneering conception by in-vitro fertilisation made her famous around the world.. The fertility specialists Patrick Steptoe and Bob Edwards became the first to successfully carry out IVF by extracting an egg, impregnating it with sperm and planting the resulting embryo back into the mother" 
  4. ^ a b c The 2010 Nobel Prize in Physiology or Medicine - Press Release”. Nobelprize.org (2010年10月4日). 2010年10月4日閲覧。
  5. ^ Myers, PZ (2010年10月4日). “A surprising Nobel”. 2010年10月4日閲覧。
  6. ^ including a refusal of the British government to fund their research and a number of lawsuits
  7. ^ Wade, Nicholas (2010年10月4日). “Pioneer of in Vitro Fertilization Wins Nobel Prize”. New York Times. http://www.nytimes.com/2010/10/05/health/research/05nobel.html 2010年10月5日閲覧。 
  8. ^ “Top 100 living geniuses”. The Daily Telegraph. (2007年10月28日). http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1567544/Top-100-living-geniuses.html 2010年10月4日閲覧。 
  9. ^ a b “Nobel in medicine for IVF pioneer”. The Times of India. (2010年10月5日). http://timesofindia.indiatimes.com/world/europe/Nobel-in-medicine-for-IVF-pioneer/articleshow/6686973.cms 2010年10月5日閲覧。 
  10. ^ a b “Vatican official criticises Nobel win for IVF pioneer”. BBC News. (2010年10月4日). http://www.bbc.co.uk/news/health-11472753 2010年10月4日閲覧。 
  11. ^ “Vatican slams Nobel win for IVF doc”. The Sydney Morning Herald. (2010年10月5日). http://news.smh.com.au/breaking-news-world/vatican-slams-nobel-win-for-ivf-doc-20101005-164n0.html 2010年10月5日閲覧。 
  12. ^ バチカン、体外受精技術へのノーベル賞に不快感朝日新聞 2010年10月5日