スバンテ・ペーボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スバンテ・ペーボ
Svante Pääbo
人物情報
生誕 1955年4月20日(59歳)
ストックホルム、スウェーデン
国籍 スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 遺伝学
研究機関 マックス・プランク進化人類学研究所
主な受賞歴 プール・ル・メリット勲章(2008)
キスラー賞 (2009)
ドイツ連邦共和国功労勲章 (2009)
テンプレートを表示

スバンテ・ペーボSvante Pääbo1955年4月20日 - )はスウェーデン生まれの生物学者。専門は進化遺伝学

経歴[編集]

1955年にストックホルムでノーベル賞受賞者スネ・ベリストロームと母エストリアン・カリン・ペーボの息子として生まれる。ウプサラ大学で1986年に学位を取り、1997年からドイツのマックス・プランク進化人類学研究所で遺伝学部門のディレクターを務めている。

業績[編集]

ペーボの部門は2002年に”言語遺伝子”FOXP2を報告した。この遺伝子は言語障害のある、ある人々で欠損している。ペーボは古代人類に遺伝学の手法を用いる分野、古遺伝学の創始者の一人として知られている。2006年にはネアンデルタール人のゲノムの復元計画を発表した。2007年にはタイム誌で、もっとも影響力のある100人に選ばれた。

2010年3月、ペーボと共同研究者はシベリアのデニソワ洞窟から見つかった指の骨をDNA分析し、未発見のヒト属のものである可能性を発表した[1]。2010年5月にペーボらのチームはネアンデルタール人のドラフトゲノム配列をサイエンス誌に発表し[2]、ネアンデルタール人と現生人類の間で交雑があった可能性が高いことを報告した[3]。しかし一部の考古学者はこの発表を疑問視している[4]

受賞歴他[編集]

1992年にドイツにおける研究活動に対して、ドイツ学術振興会からゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞した。2000年にスウェーデン王立科学アカデミーのメンバーに選ばれた。2009年にはキスラー賞を受賞した。2010年にヨーロッパ生化学学会連盟からTheodor Bücher賞を受賞した。

脚注[編集]

  1. ^ Krause, Johannes; Fu, Qiaomei; Good, Jeffrey M.; Viola, Bence; Shunkov, Michael V.; Derevianko, Anatoli P. & Pääbo, Svante (2010). “The complete mitochondrial DNA genome of an unknown hominin from southern Siberia”. Nature 464 (7290): 894–897. doi:10.1038/nature08976. PMID 20336068 
  2. ^ Green, Richard E.; et al., J; Briggs, AW; Maricic, T; Stenzel, U; Kircher, M; Patterson, N; Li, H et al. (2010). “A Draft Sequence of the Neandertal Genome”. Science 328 (5979): 710–722. doi:10.1126/science.1188021. PMID 20448178 .
  3. ^ “Neanderthal genes 'survive in us'”. BBC. (2010年5月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8660940.stm 2010年5月7日閲覧。 
  4. ^ Wade, Nicholas (2010年5月7日). “Signs of Neanderthals Mating With Humans”. http://www.nytimes.com/2010/05/07/science/07neanderthal.html 2010年5月7日閲覧。 

外部リンク[編集]