リチャード・アクセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Axel.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2004年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:におい受容体および嗅覚システムの組織化の発見

リチャード・アクセル(Richard Axel、1946年7月2日 - )はアメリカ合衆国神経科学者医学博士コロンビア大学教授(1971年 - 現在)。彼のグループの、嗅覚系の研究により、リンダ・バックと共に2004年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

この画期的な論文は1991年に発表された。リンダ・バックと彼は嗅覚の受容器Gタンパク質共役受容体の一種であることを示し、そのクローンを作った。ネズミのDNA解析により、嗅覚の受容体に関する約一千の異なった遺伝子哺乳類の遺伝子の中にあると判断した。この研究は嗅覚作用に関する遺伝子と分子の解析に道を開いた。

彼はアメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨークで生まれた。1963年に名門スタイヴェサント高校を卒業。1967年コロンビア大学から学士号を取得。1971年ジョンズ・ホプキンズ大学から医学博士号を取得。彼がもっとも興味を持っている研究は、が嗅覚をどのように解釈するか、特に、特定の嗅覚の受容器に脳のどこが敏感に反応するか、である。彼はコロンビア大学の医学部において生化学分子生物物理学教授病理学の教授を務め、また、ハワード・ヒューズ医学研究所の研究員でもある。

1970年代末に、彼は微生物学者であるソール・シルバースタインと遺伝学者であるマイケル・ウィグラーと共に、同時形質転換の技術を発見した。これは異なるDNAを宿主細胞へ挿入し、ある種のタンパク質を生み出させる物である。この技術の特許は、現在アクセルの特許と呼ばれており、1980年2月に届け出が行われ、1983年8月に認可された。製薬会社バイオテクノロジー関係の会社において、DNA組み替えの研究における基本的なプロセスとして利用され、一度は年間一億ドル近くを稼ぐなど、コロンビア大学をライセンス収入でトップクラスの大学(全米1位)とした。この特許は2000年8月に終了した。

受賞他[編集]

参考文献[編集]

Buck, Linda, and Richard Axel. 1991年. "A Novel Multigene Family May Encode Odorant Receptors: A Molecular Basis for Odor Recognition." Cell 65:175-183. doi: 10.1016/0092-8674(91)90418-X

外部リンク[編集]