ジャック・W・ショスタク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・W・ショスタク ノーベル賞受賞者
人物情報
生誕 1952年11月9日
イギリスの旗 イギリスロンドン
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 マギル大学, コーネル大学
学問
研究分野 分子生物学
研究機関 ハーバード・メディカルスクール
en:Howard Hughes Medical Institute
主な受賞歴 アルバート・ラスカー医学研究賞
ノーベル生理学・医学賞 (2009)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2009年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:テロメアとテロメラーゼによる染色体保護の発見

ジャック・ウィリアム・ショスタクJack William Szostak 1952年11月9日-)はアメリカ人の生物学者であり、ハーバード・メディカルスクールの遺伝学の教授、Alexander Rich Distinguished Investigator at Massachusetts General Hospital, Bostonを勤めている。テロメアテロメラーゼ染色体を保護する機序の発見により、エリザベス・H・ブラックバーンキャロル・W・グライダーと共同で2009年ノーベル生理学・医学賞が授与された。

学位取得まで[編集]

ショスタクはロンドンに生まれカナダで育ち、細胞生物学を専攻してマギル大学を19歳で卒業した。コーネル大学生化学博士号を取得し、ハーバード・メディカルスクールで研究室を立ち上げた。

研究[編集]

ショスタクは遺伝学の分野に貢献している。酵母染色体を世界で初めて人工的に構築したのは彼の業績である。これにより哺乳類遺伝子地図の構築や遺伝子操作の技術の発展が促進され、またヒトゲノム計画にも貢献した。

ショスタクの発見は、減数分裂の際に起こる染色体の組み換えや、DNAの末端の特別な配列、テロメアの機能の解明にも貢献した。

近年では、ショスタクは生命の起源の解明や人工細胞の構築に挑戦している。

表彰・顕彰[編集]

ショスタクは全米科学アカデミーアメリカ芸術科学アカデミー、ニューヨーク科学アカデミーの会員である。受賞歴は以下である。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]