アンドリュー・ファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドリュー・ザカリー・ファイヤー
人物情報
生誕 1959年4月27日(54歳)
カリフォルニア州パロアルト
居住 カリフォルニア州スタンフォード
国籍 アメリカ
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
マサチューセッツ工科大学
学問
研究分野 生物学者
研究機関 ジョンズ・ホプキンス大学
スタンフォード大学
博士課程
指導教員
フィリップ・シャープ
主な業績 RNA干渉
主な受賞歴 ノーベル生理学・医学賞 (2006)
テンプレートを表示

アンドリュー・Z・ファイアーAndrew Z. Fire1959年4月27日 - )はアメリカ生物学者である。RNA干渉の発見により、マサチューセッツ大学医学部のクレイグ・メロー教授と共に2006年ノーベル生理学医学賞を受賞した。2012年現在は、スタンフォード大学医学部病理学および遺伝学の教授。

略歴[編集]

1959年アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトにて生まれ、サニーベールにて育った。フレモント高校を卒業、1978年カリフォルニア大学バークレー校より数学学士号を取得。19歳でマサチューセッツ工科大学に入学、1983年生物学Ph.D.を得た。

その後イギリスケンブリッジ大学博士研究員として移り、シドニー・ブレナーが率いるMRC分子生物学研究所(Medical Research Council Laboratory of Molecular Biology)のメンバーとなった。

1986年から2003年までカーネギー協会の発生学部のスタッフとして研究を行い、この期間中に、二重鎖RNAが遺伝子サイレンシングに対するトリガーとして働くという最初の研究を発表した(下に詳述)。 1989年にジョンズ・ホプキンス大学において非常勤教授となり、2003年にはStanford facultyに参加した。 ファイアーは米国科学アカデミーアメリカ芸術科学アカデミーのメンバーであり、Board of Scientific CounselorsやNational Center for Biotechnology、National Institutes of Healthにも名を連ねている。

ノーベル賞[編集]

ファイアーとクレイグ・メローは、1998年にネイチャーに発表した研究[1]。に対して、2006年にノーベル生理学賞を共同受賞した。 ファイアーとメローは、同僚のSiQun Xu、Mary Montgomery、Stephen Kostas、Sam Driverと共に、小さな二重鎖RNA(double strand RNA;dsRNA)が、相補的な配列を持つmRNAを破壊することでタンパク質への翻訳を抑制する、すなわち特定の遺伝子を効果的に抑制する事を報告した。 彼らは、以前から報告されていた一本鎖RNA (single-stranded RAN) によるRNA干渉よりもdsRNAがより効率的に遺伝子発現を抑制することを発見した。 必要なのは短い長さのdsRNAであったことから、彼らは触媒的な過程が関与していると提案し、この仮説は後の研究によって立証された。

See also[編集]

参照[編集]

  1. ^ Fire A, Xu S, Montgomery M, Kostas S, Driver S, Mello C (1998). “Potent and specific genetic interference by double-stranded RNA in Caenorhabditis elegans”. Nature 391 (6669): 806–811. 

外部リンク[編集]