アンドリュー・ファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドリュー・ザカリー・ファイヤー
人物情報
生誕 1959年4月27日(55歳)
カリフォルニア州パロアルト
居住 カリフォルニア州スタンフォード
国籍 アメリカ
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
マサチューセッツ工科大学
学問
研究分野 生物学者
研究機関 ジョンズ・ホプキンス大学
スタンフォード大学
博士課程
指導教員
フィリップ・シャープ
主な業績 RNA干渉
主な受賞歴 ガードナー国際賞 (2005)
ノーベル生理学・医学賞 (2006)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2006年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:RNAiの発見

アンドリュー・Z・ファイアーAndrew Z. Fire1959年4月27日 - )はアメリカ生物学者である。RNA干渉の発見により、マサチューセッツ大学医学部のクレイグ・メロー教授と共に2006年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。2012年現在は、スタンフォード大学医学部病理学および遺伝学の教授。

略歴[編集]

1959年アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトにて生まれ、サニーベールにて育った。フレモント高校を卒業、1978年カリフォルニア大学バークレー校より数学学士号を取得。19歳でマサチューセッツ工科大学に入学、1983年生物学Ph.D.を得た。

その後イギリスケンブリッジ大学博士研究員として移り、シドニー・ブレナーが率いるMRC分子生物学研究所(Medical Research Council Laboratory of Molecular Biology)のメンバーとなった。

1986年から2003年までカーネギー協会の発生学部のスタッフとして研究を行い、この期間中に、二重鎖RNAが遺伝子サイレンシングに対するトリガーとして働くという最初の研究を発表した(下に詳述)。 1989年にジョンズ・ホプキンス大学において非常勤教授となり、2003年にはStanford facultyに参加した。 ファイアーは米国科学アカデミーアメリカ芸術科学アカデミーのメンバーであり、Board of Scientific CounselorsやNational Center for Biotechnology、National Institutes of Healthにも名を連ねている。

ノーベル賞[編集]

ファイアーとクレイグ・メローは、1998年にネイチャーに発表した研究[1]。に対して、2006年にノーベル生理学賞を共同受賞した。 ファイアーとメローは、同僚のSiQun Xu、Mary Montgomery、Stephen Kostas、Sam Driverと共に、小さな二重鎖RNA(double strand RNA;dsRNA)が、相補的な配列を持つmRNAを破壊することでタンパク質への翻訳を抑制する、すなわち特定の遺伝子を効果的に抑制する事を報告した。 彼らは、以前から報告されていた一本鎖RNA (single-stranded RAN) によるRNA干渉よりもdsRNAがより効率的に遺伝子発現を抑制することを発見した。 必要なのは短い長さのdsRNAであったことから、彼らは触媒的な過程が関与していると提案し、この仮説は後の研究によって立証された。

See also[編集]

参照[編集]

  1. ^ Fire A, Xu S, Montgomery M, Kostas S, Driver S, Mello C (1998). “Potent and specific genetic interference by double-stranded RNA in Caenorhabditis elegans”. Nature 391 (6669): 806–811. 

外部リンク[編集]