博士(医学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
医学博士から転送)
移動: 案内検索

博士(医学)(はくし いがく、英語: Ph.D in Medicine, Doctor of Medical Science)は、医学に関した博士学位である。

日本においては、1991年(平成3年)に学位規則昭和28年文部省第9号)が改正される前には医学博士(いがくはくし)という名称で学位が授与されていた。1991年以降は、「博士(医学)」のみが授与されている。しかし、1991年以降の授与者でも名刺や肩書きの紹介などに「医学博士」という名称をしていることもある。

医学博士は、1887年(明治20年)制定の学位令において、文部大臣より授与される5種類の博士のうちの1つとして定められた。日本で最初に医学博士を授与されたのは、池田謙斎(1888年)である。

日本における状況[編集]

日本の学術的な博士号は、英文の修了証明書などでは、Ph.D.(Doctor of Philosophy)と表記することが多い。博士 (医学)の英文表記としては、Ph.D. in Medical Science、あるいは、Doctor of Medical Scienceなどと表記されるが、これに類似する名称としてM.D.(Doctor of Medicine)がある。M.D.は、医師という職務における専門職学位の称号であり、学術的には修士号相当かそれ以下の称号(日本の場合学士相当)とされ、博士(医学)とはまったく別物の称号であることに注意を要する。

日本の大学で医学を履修する課程(医学部医学科など)は、6年制であり医学を履修する課程を卒業した者には「学士(医学)」の学位が授与される。すなわち本邦では医師国家試験合格後、医籍登録の完了したいわゆる医師とは異なり、医学部医学科卒業と同時に取得する。日本の学位でアメリカ合衆国のM.D.相当であるのは本来学士(医学)であって、学士(医学)を持たず、博士(医学)のみではM.D.を名乗ることは出来ない。

これとは別に、大学院の医学系の研究科で博士課程を修了し博士論文の審査に合格するか(課程博士)、もしくは博士論文を大学の定める公聴会に提出して合格する(論文博士)と、「博士(医学)」が授与される。博士(医学)になるためには、学術上の業績のみが要件となっており、医師免許の取得自体は必ずしも必要ではない。しかし伝統的に日本のほとんどの公立・大病院では部長職以上になるためには博士号取得を条件に挙げており、多くの医師が医局から離脱できない弊害をもたらしてきた。つまり医局から博士号をもらえなければ臨床医としてのキャリアに支障をきたすわけである。

現在では、医師免許を持たない者(主に医学部以外の理系学部卒業者)が医学系大学院で「博士(医学)」を取得する例が増加している。博士号は"学術的"に優れた業績を残した者に与えられるものであり、それは臨床医として優れていることを意味するものでは必ずしもない。そこで、臨床医の中では、学術的に認められる博士より、臨床技術的に認められる学会認定専門医などを取得することが重要視されるようになりつつあり、医師があまり積極的に博士(医学)を取ろうとしなくなってきている。このため、数十年後には博士(医学)の中で医師免許を持っている者と持っていない者の比率が逆転するのではないかとさえ言われている[誰?]

なお、博士(医学)は医師免許とは関係がないため、医学部医学科を卒業せずに博士(医学)だけを取得したところで、医師国家試験の受験資格は与えられない。

アメリカ合衆国における状況[編集]

海外の研究者で、「M.D. , Ph.D.」と記載されているのは、メディカルスクールに在学中、Ph.D.コースのある大学院課程を修了した者のことを指す。尚、メディカルスクールに入学する前や卒業した後に「PhD」を取ることも可能であるが、その場合、「M.D., Ph.D.」を取得するまでの期間が、前記の課程よりも長くなる。

「M.D.」「Ph.D.」のそれぞれの意味は、次の通りである。

M.D. 
ラテン語 Medicinæ Doctor、英語 Doctor of Medicine (D.M.と略されることもある)
Ph.D. 
ラテン語 Philosophiæ Doctor、英語 Doctor of Philosophy

アメリカ合衆国では、4年制大学を卒業した後に、大学院の4年制医学課程(日本における専門職大学院の課程)を修了して「M.D.」(または「D.O.」、「D.C.」)が授与され、さらに学術系の大学院の課程を修了して「Ph.D.」を授与される。通常、「M.D., PhD」プログラムの学生は、メディカルスクールの基礎医学課程を2年で終え、2ー4年かけて博士論文を書き上げ、その後残りの臨床医学課程を1.5ー2年で終わらせて卒業となる。尚、大抵の「M.D., Ph.D.」プログラムは、全課程を通じて全額奨学金に加え生活費が支給される。入学には大学での好成績とMCATの高スコアに加え、研究や病院ボランティア等のある程度の社会経験が必須とされ、合格率は非常に低く、合格者の平均年齢は毎年20代半ばである。 日本でほとんどの臨床医が結果的には博士号取得を目指すのに対しアメリカ合衆国では医師がPh.D.も取得することは非常に稀であるが、この背景には大学医学部で教職につくのに日本では博士取得がほぼ義務であるのに対しアメリカでは必要ないことも関係している。

なお、アメリカ合衆国において唯一ケース・ウェスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)は、例外の課程を持つ。

なお、「D.O.」の意味は、次の通りである。

D.O. 
英語 Doctor of Osteopathic Medicine (オステオパシー医学の医師[アメリカではM.D.と並ぶ正規の医師である。])

「D.C.」はDoctor of Chiropracticのことであり、米国におけるPrimary health care providerの1つである。M.D.やD.O.とは異なり保存的療法による治療が主であり、薬の処方や外科的手法によらない。

関連項目[編集]