イレーヌ・ジョリオ=キュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イレーヌ・ジョリオ=キュリー
Irene Joliot-Curie
人物情報
生誕 1897年9月12日
フランスの旗 フランス共和国 パリ
死没 1956年3月17日(58歳)
フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 パリ大学
学問
研究分野 化学
研究機関 パリ大学キュリー研究所
博士課程
指導教員
ポール・ランジュバン
主な受賞歴 ノーベル化学賞 (1935)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1935年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:人工放射性元素の発見

イレーヌ・ジョリオ=キュリーIrene Joliot-Curie1897年9月12日 - 1956年3月17日)は、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリ・キュリー。妹はエーヴ・キュリーパリ生まれ。

(左から)ピエール、イレーヌ、マリ

パリ大学ポロニウムアルファ線に関する研究で学位を取得。1926年、母マリの助手だったフレデリック・ジョリオと結婚。1934年30Pを合成し、1935年、「人工放射性元素の研究」で、夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。 1936年ブルム内閣の科学担当国務次官に就任。また同年、母の後任としてパリ大学教授にも就任。

イレーヌとフレデリック・ジョリオ=キュリー(1934年)

夫フレデリックはフランス共産党員だったが、イレーヌは婦人同盟員だった。

長年の放射能研究により1956年白血病で死去。

参考文献[編集]

  • ノエル・ロリオ著「イレーヌ・ジョリオ・キュリー」(共同通信社、1994年)ISBN 4-7641-0328-1