薬物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

薬物(やくぶつ、drug)とは、

  1. 薬草などの自然界の物質及び化学物質に由来して、化学的に精製された物質。薬品のこと。
  2. 1.のうち、特にヒトや動物に投与したときに、何らかの生理的な作用を及ぼすもの。疾病の治療、予防、診断といった医療の用途に使用されるものは、医薬品といい、薬物というときはそれ以外の用途に使用するものを指すことが多い。酒やタバコは入門薬物(ゲートウェイ・ドラッグ)である。
  3. 2.のうち、特にそれを用いることで危険な依存性をもたらすアヘンマリファナヘロインなどの依存性薬物の略称。麻薬覚醒剤など、薬物依存の対象となるようなもの。
国際条約と日本法の照合
国際条約 規制物質 日本法
麻薬に関する単一条約 あへん あへん あへん法
大麻 大麻 大麻取締法
麻薬 麻薬 麻薬取締法
向精神薬に関する条約 向精神薬 付表I (日本法の)麻薬
向精神薬 付表II 第1種向精神薬
付表II一部の覚醒剤 (日本法の)覚せい剤 覚せい剤取締法
向精神薬 付表III 第2種向精神薬 麻薬取締法
向精神薬 付表IV 第3種向精神薬
対象外 タバコアルコールカフェイン

関連項目[編集]