花房秀三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花房 秀三郎(はなふさ ひでさぶろう、1929年12月1日 - 2009年3月15日)は日本のウイルス学者。アメリカ合衆国ロックフェラー大学名誉教授、大阪バイオサイエンス研究所名誉所長。

概要[編集]

ニワトリにがんを起こす「ラウス肉腫ウイルス」を使った研究で、正常な細胞の中にがん遺伝子の原形が存在し、それをウイルスが取り込み、がんを引き起こす遺伝子(がん遺伝子)に作りかえることを実証した。また、複数のがん遺伝子に共通する構造も見つけた。がんは細胞の遺伝子変異で起きるという発がんの基本的な概念を確立した。

略歴[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]