甘利俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

甘利 俊一(あまり しゅんいち、1936年 - )は、日本の神経科学者、計算論的神経科学研究者。情報幾何学の創始者でもある。

独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター特別顧問・公立はこだて未来大学客員教授東京大学名誉教授

人物[編集]

東京都生まれ。1958年東京大学工学部応用物理学科卒業。1963年工学博士(「情報空間の刻接 」) 九州大学助教授、マサチューセッツ大学客員研究員、東京大学工学部計数工学科教授、独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センターセンター長などを歴任。2012年文化功労者

連続体力学情報理論ニューラルネットワークなどを研究する。ニューラルネットワークのブームは、部分的には甘利の業績の再発見でもあったことが認められている。国際的知名度があり、受賞多数。

外部リンク[編集]