脳科学総合研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

理化学研究所脳科学総合研究センター(りかがくけんきゅうしょのうかがくそうごうけんきゅうセンター:RIKEN Brain Science Institute)は、埼玉県和光市研究所

脳科学研究において先導的役割を果たすことを目的として、理化学研究所のひとつのセンターとして1997年に創設された。略称、脳センター、またはBSI。センター長は利根川進マサチューセッツ工科大学教授との兼任)。

概要[編集]

東京大学医学部教授であった伊藤正男1989年に東大退官後、理化学研究所に国際フロンティア研究システムに第2代所長として着任、理研における初めての脳研究を開始した。それを母体とし、1997年に脳科学総合研究センターを設立した。伊藤はその初代センター長となった。第2代センター長甘利俊一、センター長代行田中啓治を経て、2009年より利根川進がセンター長、田中啓治、岡本仁、宮脇敦史大河内眞が副センター長として務めている。

学際的な融合を目指しており、分子細胞から心理学計算機神経科学に至る幅広い研究者を集めている。約50の研究室に500人の研究者が所属している。国際化にも務めており、研究者の約2割が日本人以外である。

主な研究者と研究室[編集]

4つのコアと5つのセンターからなる。シニア・チームリーダー、チームリーダー、ユニットリーダーがPIとして研究室をもつ[1][2]

心と知性への挑戦コア[編集]

回路機能メカニズムコア[編集]

疾患メカニズムコア[編集]

先端基盤技術開発コア[編集]

研究基盤センター[編集]

動物実験、物質分析、MRI、形態解析等のサポートを行なう。

理研BSI-オリンパス連携センター[編集]

光学機器メーカーであるオリンパスの支援により運用されている、共同実験施設。

  • 宮脇敦史 センター長(兼任)

理研BSI-トヨタ連携センター[編集]

自動車メーカーであるトヨタとの連携により、脳科学の人間生活への応用を試みる事を目的としている。和光キャンパスの他、理研の名古屋支所に一部の研究室がおかれている。理化学研究所の研究員の他、トヨタからの出向社員も所属する。

神経情報基盤センター[編集]

ニューロインフォマティックスに関する研究と支援を行う。

  • 臼井支朗(兼任) センター長

情報センター[編集]

図書室データーベース、所内ネットワークの支援を行なう。

  • 臼井支朗(兼任)センター長

サマープログラム[編集]

毎年夏期に開かれている若手研究者(大学院生ポストドクトラルフェローなど)のためのコース。2ヶ月にわたり特定の研究室に所属して研究を行うインターンシップと2週間の日程の集中講義コースがある。書類選考が有る。使用言語は英語[3]

チュートリアルシリーズ[編集]

週1回開かれている講義シリーズ。対象は大学院生からポスドクレベル。使用言語は英語[4]

トレーニングプログラム[編集]

チュートリアルシリーズを置き換えるべく2010年から開始された大学院生対象のコース。使用言語は英語。書類と面接による選考が有り、少人数(20人程)のコースである[5]

セミナー[編集]

夏期を除き毎月一度開かれている国内外の研究者によるBSI主催のセミナーシリーズ、また、それとは別に研究室単位で主催するフォーラムがある。いずれも使用言語は英語。参加自由。告知は脳科学総合研究センターのホームページ(外部リンク参照)にてなされる[6][7]

アクセス[編集]

東武東上線東京メトロ有楽町線副都心線和光市駅が最寄り駅である。そこから南へ徒歩15分、または西武バス泉39、泉39-1大泉学園駅行き、和40、和40-1長久保行き、約10分、広沢下車。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度46分44.4秒 東経139度36分46.5秒 / 北緯35.779000度 東経139.612917度 / 35.779000; 139.612917