岡ノ谷一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡ノ谷 一夫
人物情報
生誕 1959年????
栃木県足利市
国籍 日本の旗 日本
出身校 メリーランド大学大学院
学問
研究機関
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

岡ノ谷 一夫(おかのや かずお、1959年 - )は、動物行動学者東京大学教授。

栃木県足利市生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、米国メリーランド大学大学院で博士号取得。千葉大学助教授、2004年理化学研究所脳科学総合研究センター生物言語研究チーム・チームリーダー。2008年ERATO情動情報プロジェクト総括を兼任、2010年より東京大学総合文化研究科教授。 小鳥の歌の進化と機構から、人間言語の起源についてのヒントを得る研究で知られている。また、近年では動物とヒトの比較研究から、言語と感情の起源を探っている。

著書[編集]

  • 『ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係』 吉田重人共著 岩波書店 2008.11 (岩波科学ライブラリー) ISBN 978-4-00-007491-9
  • 『言葉はなぜ生まれたのか』 文藝春秋 2010.7 ISBN 978-4-16-372640-3
  • 『さえずり言語起源論 ― 新版小鳥の歌からヒトの言葉へ』 岩波書店、2010 ISBN 978-4-00-029576-5
  • 『言葉の誕生を科学する』 小川洋子共著 2011.4 ISBN 978-4-309-62430-3 
  • 『「つながり」の進化生物学』 朝日出版社 2013 ISBN 978-4-255-00-6956

外部リンク[編集]