アルフレッド・カストレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・カストレル
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1966年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:原子のラジオ波共鳴を研究するための光学的手法の発見および開発

アルフレッド・カストレルAlfred Kastler1902年5月3日 - 1984年1月7日)は、フランス物理学者1966年に「原子のヘルツ波共鳴を研究するための光学的手法の発見および開発 」によりノーベル物理学賞を受賞した。

オー=ラン県ゲブヴィレールで生れた。高等師範学校で学んだ後、ミュルーズのリセで教師を務めて、ボルドー大学で1941年まで教えた。ジョルジュ・ブルア(Georges Bruhat)の招きで高等師範学校に戻り、1952年に教授になった。

ジャン・ブロッセル(Jean Brossel) と協同で原子と光の共鳴的相互作用を研究し、原子を励起するために光のエネルギーを用いる光ポンピング法を開発した。これはレーザーメーザーの開発のために重要な技術となった。