ハンス・アルヴェーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハネス・アルヴェーン
人物情報
生誕 1908年5月30日
スウェーデンの旗 スウェーデン ノーショーピング
死没 1995年4月2日(満86歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン (ストックホルム)
居住 Djursholm (ストックホルム)
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 地球物理学磁気流体力学プラズマ物理
研究機関 スウェーデン王立工科大学
カリフォルニア大学サンディエゴ校
南カリフォルニア大学
博士課程
指導教員
マンネ・シーグバーン・Carl Wilhelm Oseen
博士課程
指導学生
Carl-Gunne Falthammar
主な業績 アルヴェーン波プラズマ宇宙論
主な受賞歴 王立天文学会ゴールドメダル(1967)
ノーベル物理学賞(1970)
フランクリン・メダル(1971)
ウィリアム・ボウイ・メダル(1988年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1970年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:電磁流体力学における基礎研究、プラズマ物理学への応用

ハネス・アルヴェーンHannes Olof Gösta Alfvén, 1908年5月30日 - 1995年4月2日)は、スウェーデン地球物理学者物理学者である。ハネス・アルベーンともいう。

スウェーデンのノーショーピング生まれ。ウプサラ大学卒。1934年からウプサラ大学で物理学の教鞭を執り、1940年にスウェーデン王立工科大学の教授となった。

磁場中の伝導性流体においては、通常の流体とは異なり、縦波だけでなく横波アルヴェーン波、アルベン波ともいう)も伝播しうることを明らかにするなど、プラズマ物理学の一つの基盤である磁気流体力学の基礎を築いた。1970年ノーベル物理学賞を受賞した。

そのほか、磁気圏中の荷電粒子の運動の研究など、磁気圏電離圏物理学の基礎となる様々な研究成果を挙げた。ビッグバン・モデルに基づく標準的宇宙論に対して、プラズマ宇宙論を提唱した。

叔父に作曲家のヒューゴ・アルヴェーンがいる(スウェーデンを代表する国民楽派の作曲家)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]