パーヴェル・チェレンコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーヴェル・アレクセイヴィチ・チェレンコフ
Павел Алексеевич Черенков
人物情報
生誕 1904年7月15日
ロシア帝国ヴォロネジ州
死没 1990年1月6日(85歳没)
ロシアモスクワ
国籍 ロシア
出身校 ヴォロネジ州立大学
学問
研究分野 原子核物理学
研究機関 レベデフ物理学研究所
博士課程
指導教員
セルゲイ・ヴァヴィロフ
主な業績 チェレンコフ放射の発見
主な受賞歴 ノーベル物理学賞 (1958年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1958年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:チェレンコフ効果の発見とその解釈

パーヴェル・アレクセイヴィチ・チェレンコフロシア語:Павел Алексеевич Черенков, ラテン文字転写:Pavel Alekseyevich Cherenkov, 1904年7月15日ユリウス暦)/7月28日グレゴリオ暦) - 1990年1月6日)は、ソ連物理学者。「チェレンコフ効果の発見とその解釈」により、1958年ノーベル物理学賞を受賞した。

彼はヴォロネジ州ニジニャ・チグラで生まれた。両親のアレクセイとマリヤは農夫であった。

彼は1928年にヴォロネジ州立大学理数学部を卒業し、1930年にレベデフ物理学研究所の上級研究員となる。彼は後に研究班のリーダーに昇進した。1940年には理数学の博士号を得、1953年には実験物理学の教授に就任する。1959年から光中間子プロセス研究所を率いた。彼は14年間教授のままであった。1970年にはソ連科学アカデミー(現ロシア科学アカデミー)の会員となる。

セルゲイ・ヴァヴィロフの下で働いていた1934年に、チェレンコフは放射線が照射された一本の水の入ったビンから青い光の放射を観察した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]