ジョン・コッククロフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・コッククロフト
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1951年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:加速荷電粒子による原子核変換の研究

ジョン・コッククロフト(Sir John Douglas Cockcroft、1897年5月27日 - 1967年9月18日) はイギリスの物理学者である。原子核に陽子を衝突させることにより、核反応を初めて実現した。1951年アーネスト・ウォルトンノーベル物理学賞を受賞した。

トッドモーデンに生まれた。マンチェスター大学で数学を学んだ。ケンブリッジ大学のセントジョンカレッジで数学の学位をとったあと、アーネスト・ラザフォードのもとで研究を始めた。

1928年からアーネスト・ウォルトンと陽子の加速実験を始めた。1932年リチウムに加速した陽子を衝突させて、原子核の変換に成功した。人工的に元素を別の元素に人工的に変換させた最初の実験である。

第2次大戦中はレーダーの分野で働いた後、1944年にカナダの原子力プロジェクトに加わり、モントリオール研究所、チョーク・リバー研究所の所長となった。1946年にイギリスに戻り ハーウェル研究所を設立し、イギリスの原子力利用を推進した。AERE( Atomic Energy Research Establishment)の初代の所長となった。 1951年ノーベル賞を受賞した。

1959年からチャーチル・カレッジ(ケンブリッジ大学)学長、1961年からオーストラリア国立大学総長(併任)を歴任した。

外部リンク[編集]