レオン・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leon Cooper, 1972
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1972年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:超伝導現象の理論的解明

レオン・ニール・クーパーLeon Neil Cooper1930年2月28日 - )は、アメリカ物理学者ノーベル賞受賞者。

略歴[編集]

ニューヨーク市生まれ。コロンビア大学で、学士、修士、博士号、1954年を取得し、プリンストン高等研究所(Institute for Advanced Study) (1954-55)で研究。バーディーンに招かれ、イリノイ大学研究員(1955-57)として26歳のときにクーパーペアを発見し、超伝導の解明を行う。その後オハイオ州立大学で教鞭をとり、1958年にはブラウン大学に移り准教授になる。1962年に同大学教授となる。

1957年ジョン・バーディーンロバート・シュリーファーとともに超伝導を説明するための微視的理論(BCS理論)を提唱した。超伝導は1911年ヘイケ・カメルリング・オネスによって発見され、多くの研究者の注目を浴びた。その後、数多くの実験的、理論的研究がなされていたが、実験面では多くの成果が得られた反面、理論的な面での解明は遅々として進まずにいた。しかし、46年後のBCS理論によって一応の決着をみることができた。

超伝導状態を実現するためには電子系が何らかの凝集状態にある必要がある。BCS理論では電子-格子相互作用を介して電子同士がフォノンを交換することによって、電子同士に引力が働くと考える。この引力によって生じる電子対をクーパー対(クーパーペア)と言う。

1972年、BCS理論の功績が認められて、バーディーン、クーパー、シュリーファーの3名に対し、ノーベル物理学賞が授与された。

クーパーはその後ニューラルネットの研究に移った。

関連項目[編集]