ウィリス・ラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリス・ラム
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1955年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:水素スペクトルの微細構造に関する研究

ウィリス・ユージーン・ラム(Willis Eugene Lamb Jr., 1913年7月12日2008年5月15日)は、水素スペクトルの微細構造に関する研究により1955年度のノーベル物理学賞を受賞した物理学者である。ラムとポリカプ・クッシュは、ラムシフトと呼ばれる、特定の電子の電磁気的性質を正確に定義することに成功した。ラムはアリゾナ大学の教授を務めていた。

ラムはカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれた。1930年に大学に入学し、1934年にカリフォルニア大学バークレー校で化学の学士号を、1938年に物理学の博士号を取得した。1956年から1962年にかけてはオックスフォード大学で教授を務め、イェール大学コロンビア大学スタンフォード大学でも教えていた。

外部リンク[編集]