ウィリス・ラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリス・ラム
人物情報
生誕 Willis Eugene Lamb, Jr.
1913年7月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
死没 2008年5月15日(94歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 カリフォルニア大学バークレー校
学問
研究分野 物理学
研究機関 アリゾナ大学
オックスフォード大学
イェール大学
コロンビア大学
スタンフォード大学
博士課程
指導教員
ロバート・オッペンハイマー
博士課程
指導学生
セオドア・メイマン
マーラン・スキャリー英語版
バラージュ・ジョルッフィ英語版
Frederick Hopf
Murray Sargent III
Stanley L. Kaufman
David Mader
Ralph Jacobs
主な業績 ラムシフト
レーザー理論
量子光学
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(1955年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1955年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:水素スペクトルの微細構造に関する研究

ウィリス・ユージーン・ラム(Willis Eugene Lamb Jr., 1913年7月12日2008年5月15日)は、水素スペクトルの微細構造に関する研究により1955年度のノーベル物理学賞を受賞した物理学者である。ラムとポリカプ・クッシュは、ラムシフトと呼ばれる、特定の電子の電磁気的性質を正確に定義することに成功した。ラムはアリゾナ大学の教授を務めていた。

ラムはカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれた。1930年に大学に入学し、1934年にカリフォルニア大学バークレー校で化学の学士号を、1938年に物理学の博士号を取得した。1956年から1962年にかけてはオックスフォード大学で教授を務め、イェール大学コロンビア大学スタンフォード大学でも教えていた。

外部リンク[編集]