ルイス・ウォルター・アルヴァレズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Luis Alvarez ID badge.png
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1968年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:水素泡箱による素粒子の共鳴状態に関する研究

ルイス・ウォルター・アルヴァレズLuis Walter Alvarez [ˈluɪs ˈwɔ:ltər ˈælvərɛz], 1911年6月13日サンフランシスコ - 1988年9月1日)はアメリカの物理学者ノーベル物理学賞受賞者である。専門分野以外で恐竜隕石衝突による絶滅説を提出したことでも有名である。

1968年、水素泡箱の利用による共鳴状態の発見など、素粒子物理学への貢献によりノーベル物理学賞を受賞した。

1943年から1944年にはマンハッタン計画に参加し、シカゴ大学ロスアラモス研究所原子爆弾爆縮レンズに使用する起爆電橋線型雷管を開発した。

1945年8月6日広島市への原子爆弾投下の際には観測機B-29グレート・アーティストに搭乗し、人類初の実戦での核兵器使用を目撃している。また、続く8月9日長崎市への原子爆弾投下の際にも、観測機B-29グレート・アーティストに搭乗している。長崎市上空で観測のために投下したラジオゾンデに、カリフォルニア大学の放射線研究所において同僚であり、当時の東京帝国大学教授嵯峨根遼吉に宛て、核兵器の威力についてよく理解する物理学者である嵯峨根が、日本国政府に降伏の働きかけをするように勧める手紙を同封していた[1]

1980年、地質学者である息子のウォルター白亜紀から第三紀境界の粘度層に含まれるイリジウムの濃度が高いことを見出し、隕石衝突による大量絶滅の説を発表した。

その他宇宙線と放電箱によるピラミッドの透視や、ジョン・F・ケネディ暗殺事件についての見解など、広い範囲の分野に好奇心をしめした。

脚注[編集]

  1. ^ しかしこの手紙が嵯峨根博士に渡ったのは終戦後の9月になってからであった。 *檜山良昭の閑散余録 「第141回 原爆投下秘話 一通の手紙」 (2007年8月9日 手紙の写真あり) *嵯峨根教授に宛てた手紙についての記述(理化学研究所)

参考文献[編集]

  • 小山慶太 『異貌の科学者』 丸善ライブラリー、1991年ISBN 4621050052
  • リチャード ミュラー 『恐竜はネメシスを見たか』 手塚治虫訳、集英社、1987年ISBN 4087730824