イジドール・イザーク・ラービ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イジドール・イザーク・ラービ
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1944年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:共鳴法による原子核の磁気モーメントの測定法の発見

イジドール・イザーク・ラービIsidor Isaac Rabi, 1898年7月29日 - 1988年1月11日)はアメリカ合衆国物理学者。

生涯[編集]

オーストリアガリチアリマヌフRymanów)生まれ。1899年に両親と共にアメリカへ移住し、コーネル大学で学んだ。

コロンビア大学で1927年に博士号を得た後、ヨーロッパに渡りハンブルク大学で、ヴォルフガング・パウリオットー・シュテルンのもとで学んだ。1929年にコロンビア大学に戻り、1937年に教授職についた。原子線や分子線を使って原子核の磁気モーメントや原子の微細構造を調べる実験をおこなった。高周波磁場の周波数を変えて原子線の偏行を調べ、共鳴周波数を求めることによって、原子核の核磁気モーメントを精度よく求める原子線磁気共鳴法を開発した。

量子電気力学」の発展に貢献した。

共鳴法による原子核磁気モーメントの測定法の発見により、1944年ノーベル物理学賞を受賞した。

1940年にはマサチューセッツ工科大学の放射線研究所の副所長となり、ロスアラモス国立研究所でアメリカの原爆開発に関わった。第二次世界大戦後は、ブルックヘブン国立研究所欧州原子核研究機構の創設者のひとりとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]