ハロルド・ユーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルド・ユーリー
人物情報
生誕 1893年4月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナ州
死没 1981年1月5日(満87歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州
出身校 モンタナ州立大学
学問
研究分野 化学
研究機関 ジョンズ・ホプキンス大学コロンビア大学シカゴ大学カリフォルニア大学サンディエゴ校
主な受賞歴 ノーベル化学賞(1934年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1934年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:重水素の発見

ハロルド・クレイトン・ユーリー(Harold Clayton Urey, 1893年4月29日 - 1981年1月5日)はアメリカ合衆国インディアナ州ウォルカートン出身の化学者1934年重水素発見の功績によってノーベル化学賞を受賞した。

地元の学校で学んだ後、モンタナ州立大学化学動物学博士号を得た。その後、カリフォルニア大学バークレー校に移り、ギルバート・ルイスの元で熱力学を学んだ。また、レイモンド・バージの影響でコペンハーゲン理論物理学研究所ニールス・ボーアの元で原子の構造を研究した。1924年に米国に戻り、ジョンズ・ホプキンス大学化学科の職員、1929年からコロンビア大学準教授、1934年から同大学教授となった。そこで原子や分子に量子力学を適用した本をアーサー・ルアークと共に執筆した後、核の分類に関する研究を行った。

液体水素を繰り返し蒸留した結果、重水素の単離に成功し、1934年にその成果を発表した。第二次世界大戦ではその功績を買われてマンハッタン計画に参加し、ウランからウラン235同位体のみを得るための気体拡散法を開発し、原子爆弾の実現に一役買っている。戦後は核科学研究所の教授、シカゴ大学の化学におけるライアーソン教授職、カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授を歴任した。

晩年は宇宙化学の発展に貢献した。1953年にユーリーの研究室に所属していたスタンリー・ミラーとともに有名なユーリー・ミラーの実験を行い、原始大気(実際のものとは異なっていた)からアミノ酸が生まれることを示した。これは生命誕生の起源の解明の一助となったとはいえないが、その端緒となったことで知られている。

カリフォルニア州ラホーヤで没。インディアナ州のフェアフィールド墓地に葬られた。

受賞歴[編集]