パウル・カラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Paul Karrer.
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1937年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:カロテノイド類、フラビン類およびビタミンA、B2の研究

パウル・カラー(Paul Karrer, 1889年4月21日1971年6月18日)はロシアモスクワ生まれのスイス人有機化学者。カロテノイドビタミンに関する研究で、1937年ノーベル化学賞を受賞した。

来歴[編集]

1892年に両親と共にスイスに戻りヴィルデックで教育を受けたあと、1908年、レンツブルクグラマースクールに入学した。その後アルフレート・ヴェルナーのもとチューリッヒ大学化学を学び、1911年に博士号を取得した。フランクフルト・アム・インのゲオルク・シュパイアー・ハウスでパウル・エールリヒと共に働き、1919年にはチューリッヒ大学の教授職を得た。

チューリヒ大学で教授時代の教え子に大正製薬2代目社長の石井輝司がいる。

チューリヒで没。

業績[編集]

彼の最初の研究対象は金属錯体であったが、彼を有名にしたのは植物色素、なかでも黄色いカロテノイドの研究であった。カロテノイドの構造から、これらの化合物が生物で代謝されてビタミンA(レチノイド)となることを明らかにした。この研究はビタミンの前駆体が初めて発見された例として知られる。さらに、ビタミンC(アスコルビン酸)の構造を明らかにし、ビタミンB2リボフラビン)とビタミンE(トコフェロール)の構造解明にも寄与している。