アーヴィング・ラングミュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーヴィング・ラングミュア
人物情報
生誕 1881年1月31日
US flag 38 stars.svg アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク市 ブルックリン区
死没 1957年8月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ウッズホール英語版
出身校 コロンビア大学ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン
学問
研究分野 化学物理学
研究機関 ゼネラル・エレクトリック
博士課程
指導教員
ヴァルター・ネルンスト
主な業績 真空管の発明
主な受賞歴 フランクリン・メダル(1934年)
ノーベル化学賞(1932年)
パーキン・メダル英語版(1928年)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1932年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:界面化学の研究

アーヴィング・ラングミュアIrving Langmuir, 1881年1月31日 - 1957年8月16日)は、アメリカ合衆国化学者物理学者である。1932年に界面化学の分野への貢献でノーベル化学賞を受賞した。

コロンビア大学を卒業後、ゲッティンゲン大学で、ヴァルター・ネルンストのもとで化学を学び、1909年からゼネラル・エレクトリックの研究所で研究を始め1950年まで在籍した。また、「事実でない事柄についての科学」を病的科学として定義したことでも知られている。

業績[編集]

外部リンク[編集]