ジェームズ・サムナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1946年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:酵素の結晶化の発見
ジェームズ・サムナー

ジェームズ・バチェラー・サムナー(James Batcheller Sumner, 1887年11月19日 - 1955年8月12日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州カントン出身の化学者で、1946年ノーベル化学賞受賞者である。

17歳のとき、事故で左腕半分を切断した。1910年ハーバード大学卒業。1912年にハーバード医療学校で生化学を学び、1914年に博士号を取得。その後コーネル大学医学部の助教授となった。コーネル大学では酵素の単離に取り組み、ウレアーゼ結晶化することに成功した。しかしながら今まで多くの人が失敗してきたことであったので、すぐにその業績は認められなかった。1926年になって低分子量の酵素も結晶化できるということを示して業績が認められ、そのかどで1929年に教授に昇進した。1937年にはグッゲンハイム研究奨励金を与えられ、5か月にわたってスウェーデンのセオドア・スヴェドベリのもとに滞在した。同年、ジェームズ・サムナーと同様の方法でロックフェラー研究所のジョン・ノースロップがペプシンの結晶化に成功した功績でシェール勲章を得た。ノーベル化学賞を1946年に受賞し、1948年には国立科学アカデミーの会員となり、1955年ニューヨーク州バッファローで没。

外部リンク[編集]