リヒャルト・クーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヒャルト・クーン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1938年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:カロテノイド類、ビタミン類についての研究

リヒャルト・クーン(Richard Kuhn、1900年12月3日1967年8月1日)はオーストリアドイツ生化学者で、1938年ノーベル化学賞受賞者である。

生涯[編集]

ウィーンで生まれ育ち、公立の中学校高校に通っていた。彼は化学に早く関心を示したが、全般的に興味を持っており、化学の勉強をすることを決めたのは遅かった。1918年にウィーン大学で化学の講義に参加し、ミュンヘンで化学の勉強を終え、1922年に酵素の研究により博士号を得た。

卒業後のクーンの科学的な経歴として、まずミュンヘンで、その後チューリッヒ工科大学、1929年からはハイデルベルク大学に属し、1937年には化学科の学科長になった。1928年にデイジー・ハルトマン (Daisy Hartmann) と結婚し、2人の息子と4人の娘を持った。

研究とノーベル賞[編集]

クーンの研究分野はカロテノイド立体化学ビタミン、酵素であった。彼は初めてビタミンBを分離した。

彼はカロテノイドと酵素の研究により、1938年にノーベル賞を受賞したが、第二次世界大戦が終わるまで賞を受け取ることができなかった。

長年、マックス・プランク医学研究所に関係しており、ハイデルベルク大学やペンシルベニア大学にも関係していた。彼は、1948年から Justus Liebigs Annalen der Chemie の編集者を務めた。

1967年ハイデルベルクで死去した。