ウォルター・ハース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1937年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:炭水化物,ビタミンCの構造研究

ウォルター・ノーマン・ハース(Sir Walter Norman Haworth,1883年3月19日-1950年3月19日)は、ビタミンC研究の草分け的なイギリス化学者である。

1937年炭水化物とビタミンCの構造研究によりノーベル化学賞を受賞している。また、同年にはスイスの化学者であるポール・カーラーが他のビタミンの研究により、同時に受賞している。

ハースは、ランカシャーのChorleyで生まれた。彼は父の経営するリノリウム工場で働いた後、大学に行き、化学の勉強をすることを決意した。このことに両親は強く反対した。

1912年にセント・アンドルーズ大学の講師となった。1914年から1918年まで同大学の応用化学研究室の責任者となった。1920年からダラム大学の有機化学科の教授を務めた。1925年にはバーミンガム大学の化学科の Mason Professor に任命された。

1934年にイギリスの化学者であるエドムンド・ハーストと共同研究をし、ビタミンCの合成に成功した。(すでに1933年にタデウシュ・ライヒスタインがビタミンCの合成に成功している。)

三次元で化学構造をあらわす単純な方法であるハース投影式は彼にちなんで命名された。

彼はナイト爵に叙された2年後、1950年の67歳の誕生日に死亡した。

外部リンク[編集]