タデウシュ・ライヒスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1950年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:諸種の副腎皮質ホルモンの発見およびその構造と生物学的作用の発見

タデウス・ライヒスタイン(Tadeus Reichstein, 1897年7月20日 - 1996年8月1日)は、ポーランド出身の化学者である。1950年ノーベル生理学・医学賞受賞。スイス国籍。

ロシア帝国支配下のポーランド・ヴウォツワヴェクで生まれ。父はエンジニアだった。幼年期をウクライナキエフで過ごし、ドイツイェーナの寄宿学校で初めての教育を受けた。

1933年、スイスのチューリッヒでの研究でイギリスウォルター・ハースと共同研究者とは別にビタミンCの合成に成功した。1937年からチューリッヒ工科大学助教授、1938年からバーゼル大学の生化学研究所教授、1960年には同研究所の所長を歴任した。

1950年エドワード・カルビン・ケンダルフィリップ・ショウォルター・ヘンチと共に副腎皮質ホルモンからコルチゾン単離する研究により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1996年、スイスのバーゼルで死去。ビタミンCの工業的な人工合成法に彼の名が見える。

外部リンク[編集]