カール・コリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

 

Carl Ferdinand Cori.jpg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1947年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:触媒作用によるグリコーゲン消費の発見

カール・コリ(Carl Ferdinand Cori、1896年12月5日 - 1984年10月20日)はプラハ(当時のオーストリア・ハンガリー帝国、現在のチェコ)出身のアメリカ合衆国の生化学者。エネルギーの貯蔵や消費におけるグリコーゲンの分解・再生成の機構を解明したことにより、ゲルティー・コリバーナード・ウッセイとともに1947年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。炭水化物の代謝を解明した彼らの研究は2004年に、アメリカ化学会が制定する科学における歴史的ランドマークに選ばれた。

来歴[編集]

カールは内科医のカール・コリとマーサ・リピッチの息子として、父親が海洋生物学研究所で働いていたトリエステで育った。1914年、一家はプラハに移住し、カールはプラハ・カレル大学の医学部に入学し、ゲルティー・コリと出会った。彼はオーストリア・ハンガリー帝国軍に徴兵され、最初にスキー部隊、後に衛生部隊に属した。戦後、彼は研究に戻り、ゲルティーとともに1920年に卒業した。カールとゲルティーはその年に結婚し、ウィーンの病院で一緒に働いた。

カールはグラーツに招かれ、オットー・レーヴィとともに心臓の迷走神経の研究を行い、レーヴィはこの研究によって1936年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。カールがグラーツにいる間もゲルティーはウィーンに留まり、1年後にカールがニューヨークのロズウェルパーク・癌センターで職を得た時に、共にバッファローに移住した。

バッファローでは彼は1929年にコリ回路と呼ばれる炭水化物代謝系の研究を行い、1947年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。また1928年に夫妻はアメリカに帰化し、1931年にカールはミズーリ州セントルイスにあるワシントン大学に職を得た。カールは1942年に生理学、生化学の教授となった。1946年にはアルバート・ラスカー基礎医学研究賞を受賞した。

1957年にゲルティーが死去すると、カールは1960年にアン・フィッツ・ジェラルド・ジョーンズと再婚した。カールは1966年までワシントン大学に在籍し、退職後はマサチューセッツ州ケンブリッジにあるハーバード大学に研究室を構え、遺伝子学の研究を行った。