フレデリック・ホプキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレデリック・ホプキンズ
人物情報
生誕 1861年6月20日
イギリスの旗 イギリスイースト・サセックス州、イーストボーン
死没 1947年5月16日
イギリスの旗 イギリスケンブリッジシャー州、ケンブリッジ
居住 Flag of England (bordered).svg イングランド
国籍 Flag of England (bordered).svg イングランド
出身校 ロンドン大学
ガイ病院
学問
研究分野 生化学
研究機関 ケンブリッジ大学
博士課程
指導教員
トーマス・スティーブンソン
博士課程
指導学生
J・B・S・ホールデン
ジュダ・ハーシュ・カステル
マルコム・ディクソン
主な業績 ビタミンの発見, トリプトファンの発見
主な受賞歴 Nobel prize medal.svg ノーベル生理学・医学賞 (1929)
補足
J. B. プリーストリーの義父として有名。ホプキンズは正式なドクトラル・アドヴァイザー(博士研究顧問)を持たなかったが、毒性学者のトーマス・スティーブンソンが同等の存在であった。
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1929年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:成長を促進するビタミンの発見

サー・フレデリック・ガウランド・ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins, 1861年6月20日 - 1947年5月16日)は、イギリス生化学者メリット勲章勲爵士(OM)、王立協会フェロー(FRS)。1929年ビタミンの発見の業績によりクリスティアーン・エイクマンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。また、1901年アミノ酸の一つであるトリプトファンを発見した。

イングランドサセックスイーストボーンに生まれ、ロンドン大学ガイ病院医学部(キングス・カレッジ・ロンドン)で学んだ。1914年ケンブリッジ大学の生化学教授に就任し、神経化学の開拓者として知られる Juda Hirsch Quastel などを教えた。

1929年、ノーベル生理学・医学賞をクリスティアーン・エイクマンと共に受賞した。受賞理由は、現在ビタミンとして知られる特定の微量粒子が健康の維持に必須であることの発見。また、彼は筋肉の収縮が乳酸の蓄積を引き起こすことも発見した。

1925年ナイト爵に叙せられた。

年表[編集]

  • 1861年6月30日:イングランドサセックスのイーストボーンに生まれる。
  • 1890年:ロンドン大学から理学士号を授与。
  • 1894年:ガイ病院から医学の学位を授与。
  • 1898年:ジェシー・アンナ・スティーブンズと結婚。
  • 1898年 - 1910年:ケンブリッジ大学化学生理学講師を務める。
  • 1905年:王立協会フェローに選出[1]
  • 1910年:ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで生化学のフェロー、講師に就任。
  • 1912年:「Feeding Experiments Illustrating the Importance of Accessory Food Factors in Normal Dietaries(一般的な食事に於ける補助栄養素の重要性を例証する食餌実験)」を発表し、食生活におけるビタミンの必要性を論証。
  • 1914年 - 1943年:ケンブリッジ大学で生化学教授を務める。
  • 1918年:王立協会からロイヤル・メダルを受賞[1]
  • 1925年:ジョージ5世によりナイト爵に叙せられる。
  • 1926年:王立協会からコプリ・メダルを受賞[1]
  • 1929年:ノーベル生理学・医学賞を受賞。
  • 1930年 - 1935年:王立協会会長を務める。
  • 1933年:英国科学振興協会の会長に就任。
  • 1935年:メリット勲章を受勲。
  • 1947年5月16日:イングランドケンブリッジで死去。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Hopkins; Sir; Frederick Gowland (1861 - 1947)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]