チャールズ・シェリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1932年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:神経細胞の機能に関する発見

サー・チャールズ・スコット・シェリントン(Sir Charles Scott Sherrington, 1857年11月27日1952年3月4日)はイギリスの生理学者である。1932年神経細胞の研究でノーベル生理学・医学賞エドガー・エイドリアンと受賞した。

近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者である。関節の筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩すると言う『シェリントンの法則』に名前が残っている。

シェリントンはロンドンに生まれた。ケンブリッジ大学でミカエル・フォスターに生理学を学び、1887年からはセント・トマス・メディカル・スクールに務めた。1895年にリヴァプール大学の教授になり、1913年にはオクスフォード大学生理学の教授になった。1893年に王立協会のフェローに選出され、1920年から1925年の間は会長を務めた[1]。1924年メリット勲章を叙勲した。1935年に引退した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sherrington; Sir; Charles Scott (1857 - 1952)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
先代:
ジョゼフ・ジョン・トムソン
王立協会会長
1920-1925
次代:
アーネスト・ラザフォード