ジョージ・リチャーズ・マイノット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・リチャーズ・マイノット
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1934年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:貧血に対する肝臓療法の発見

ジョージ・リチャーズ・マイノット(George Richards Minot、1885年12月2日 - 1950年2月25日)はマサチューセッツ州ボストン生まれのアメリカ人医師、医学研究者。悪性貧血の治療法に関する研究で、ジョージ・H・ウィップルウィリアム・P・マーフィとともに1934年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

ジョージ・マイノットは、1912年にハーバード大学医学部を卒業した。1914年からジョンズ・ホプキンス大学医学部助教授を務めたのち、1915年にハーバード大学医学部助教授に戻って研究を続けた。ウィップルとマイノットは、悪性貧血の治療には、肝臓に多く含まれるビタミンB12が有効であることをつきとめた。

外部リンク[編集]