シャルル・ジュール・アンリ・ニコル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1928年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由:発疹チフスに関する研究

シャルル・ジュール・アンリ・ニコル(Charles Jules Henri Nicolle、1866年9月21日-1936年2月28日)はフランス細菌学者1928年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

生涯[編集]

パリにほど近いフランスのルーアンで生まれ育つ。1892年にパリのパスツール研究所に所属し、1893年に医学の学位を取得。専門は細菌学。同年ルーアン医学校の教授となり、1902年まで在職した。1896年には細菌学研究所の所長となる。その後、1903年から1936年まで当時のフランス植民地チュニスのパスツール研究所所長となる。ノーベル賞受賞のきっかけとなった研究はチュニスにおけるものである。1932年コレージュ・ド・フランスの教授に就く。1936年、チュニスにおいて死去。

業績[編集]

ニコルはチュニスにおいて発疹チフスが風土病となっていることに気づいた。発疹チフスは伝染性が強く恐れられていたが、いったん病院に入院すると感染しないことが分かった。院内と院外の条件を比較した結果、患者の衣服に問題があると推論し、衣服に付くシラミに着目した。

ニコルはチンパンジーモルモットを用い、患者から採取したシラミに接触すると発疹チフスを発病することを1909年に確認した。ニコルの発見は1914年に始まった第一次世界大戦で発疹チフスを予防するために役立った。発疹チフスのほか、麻疹やマルタ熱(地中海胃性弛張熱)に関する業績もある。