ロバート・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ロビンソン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1947年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:アルカロイドの研究

ロバート・ロビンソン(Robert Robinson、1886年9月13日ダービーシャー - 1975年2月8日)はイギリス化学者。イギリス学派に属する。 1912年からシドニー大学教授。1915年にイギリスに戻り、リヴァプール大学ロンドン大学教授を経て1930年からオクスフォード大学教授を務める。1920年王立協会のフェローに選出され、1945年から1950年まで王立協会会長[1]アルカロイドの研究により1947年ノーベル化学賞を受賞した。

業績[編集]

ロバート・ロビンソンは化学、特に有機化学の発展に大きく貢献した。彼は有機電子論を発展させた。1917年トロピノンの全合成を報告、1935年ロビンソン環化を報告した。ストリキニーネニコチンモルヒネ等の構造決定に貢献し、抗マラリア剤の開発にも貢献した。

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Robinson; Sir; Robert (1886 - 1975)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
先代:
ヘンリー・デール
王立協会会長
1945 - 1950
次代:
エドガー・ダグラス・エイドリアン