ハンス・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・フィッシャー(1930年)
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1930年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:ヘミンとクロロフィルの構造研究、特にヘミンの合成

ハンス・フィッシャー(Hans Fischer, 1881年7月27日 - 1945年3月31日)はドイツヘーヒスト・アム・マイン出身の化学者

ヴィースバーデンギムナジウムで学んだ後、ローザンヌ大学マールブルク大学で化学と薬学を学ぶ。

卒業後にミュンヘンの病院で働いた後、ベルリンのベルリン第一化学研究所 (Erstes Chemisches Institut Berlin) でエミール・フィッシャーの下で働く。1911年にミュンヘンに戻り、1913年にはミュンヘン生理学研究所 (Physiologisches Institut München) で講師となった。1916年にはインスブルック大学で薬化学部の教授となる。

1918年ウィーン大学教授、1921年ミュンヘン工科大学の教授となり、以後死ぬまでその地位にあった。血液や葉に含まれるポルフィリン化合物の研究を行い、1930年クロロフィルヘミン合成の研究によってノーベル化学賞を受賞。

1945年、第二次世界大戦で彼の研究所が破壊されてしまい、ミュンヘンにて自殺。63歳没。